恋愛・復縁・結婚・不倫・片思い・将来など、当たる電話占い徹底解析! 口コミ おすすめ ランキング

手相でこれまでの片思い回数が分かるって本当!?

手相でこれまでの片思い回数が分かるって本当!?

片思い線とモテ線

手相には片思い線とモテ線というのがあります。

ご存知の方も多いと思いますが、小指の付け根と感情線の間、主に小指の下付近に横に伸びるしっかりした線が結婚線であり、ここに線があると結婚するでしょう、というものです。

この結婚線の上下に何本か線があった場合、それは片思い線と呼ばれるものになります。

結婚線から見る結婚年齢は、下の感情線に近い場合には早婚、小指に近いほど高齢と判断します。

その付近の片思い線の存在は、結婚線のおおよその年齢を基準とし、本数は片思い回数となります。

モテ線とは結婚線がある場合の、その伸びた先の様子のことで、結婚線がだんだんと上昇気味であればそれをモテ線と呼び、幸せな結婚生活を予言していると言われています。

線は長く切れ目がないほど良いと判断されます。

自分の年齢付近に結婚線とモテ線がある場合には、近いうちに良い相手が現れる可能性が高いということになります。

右手か左手か

また、手相は左手では先天的な要素、右手では現在の状況を表していますので、右手にモテ線が現れた場合などは、後天的努力の成果と言えます。